www.barrelridergames.com

.

.


キャッシングに関しての返済方法というものはローン会社それぞれで随分差異がありまして、多様なメソッドが選択されています。基本的には残高スライド方式やリボ法が導入されているみたいです。かかる誰しもわかっているリボ払いですけれども実を言えば計算には多くの種類というものがあります。ゆえにそんな方式によって引き落しトータルが異なってきてしまうわけですから心得ておいて負担になることはないと思います。そうしたら簡単にこの2つの様式のへだたりについてを説明していきましょう。最初は元金均等払い次は元利均等払いです。これらはその名を冠する通り、元本に関して均分に返済していくというのと元本と利息を全部で一様に返済していく様式です。この場では10万円をカードローンをしたとし、実際いかような勘定をするのか試してみます。金利に関してはいずれも15%と設定して計算します。更にリボルディング払の支払額は1万円というふうに計算します。取りあえず元金均等払いのほうからいきましょう。この時の最初の支払については1万円に対して金利分1250円を加えた額となります。その次の支払に関しては1万円へ利率1125円を計上した金額となるのです。こういうようにして全部で10回にて支払いを完了させるといった手法となります。他方、元利均等払いとは初回の返済については1万円ですがそこから元本に8750円、利息へ1250円といったように割り振るのです。次の返済に関しては元金が8750円へと減少した状態で利率を算定し、1万円を再び割り振りをします。いわば元利均等払いのケースは10回で返済が終了しないという算定になったりします。これだけの差異で二者がいかに相違しているのかたっぷりわかってもらえたことでしょう。元利均等は元金均等に比べ、元金が縮小するのが緩慢というような不具合といったものが存在したりするのです。要するに利率といったものを余分に出すというようなことになったりするのです。反面、1度目の引き落しが些少な金額で落ち着くというような利点もあります。こういった支払い形式についてのギャップに連動して返済額というのが変わってきたりしますのでご自分の嗜好に応じた使用法をするようにしていきましょう。